ほとけ様の言葉

 お前はお前で丁度良い。
顔も体も名前も姓も、お前にそれは丁度良い。
貧も富みも、親も子も、息子の嫁もその孫も、
それはお前に丁度良い。  
幸も不幸も喜びも、悲しみさえも丁度良い 
歩いたお前の人生は、悪くも無ければ良くも無い。
お前にとって丁度良い。 
地獄へ行こうと極楽へ行こうと、行ったところが丁度良い。
うぬぼれる要も無く、卑下する要も無い。
上も無ければ下も無い。  
死ぬ月日さへも丁度よい。 
仏様と二人連れの人生、丁度よくないはずが無い。 
これで良かったと戴けた時、憶念の信が生まれますのじゃ。南無阿弥陀仏


友の所へ行きましたら、額に飾ってありました。自分への戒めとして、頂きました。