アオサギの子育て アオサギに子育て





今年は珍しく親水公園のコロニーにて沢山の営巣ができ、それぞれに2羽〜4羽のかわいらしい雛が生まれました。
NO1 NO2 NO3
仲良く営巣
2014・4・11
雛もだいぶ大きくなっていました。
2014・4・22

新しく誕生した雛
2014・・5.9
幼鳥が翌春まで生き延びる確率は約半分と言われています。長寿記録は37歳と6ヶ月です。
雌は雄に比べるとやや小型で、冠羽と飾羽が短い
雄が巣材を集め、雌が樹上に木の枝を組み合わせた皿状の巣を作り、日本では4-5月に1回に3-5個の卵を産む。巣は同じ巣を使いつづける。
雌雄交代で抱卵し、抱卵期間は23-28日。育雛は雌雄共同で行う。
雛は孵化してから50-55日で巣立つ。生後2年で性成熟する。(ウィキペディアより)